NYダウ平均株価指数取引をはじめたい方へ

今投資家の間で注目されている金融商品といえば、やっぱりNYダウ平均株価指数ではないでしょうか。ダウ平均株価指数取引の入門情報をまとめましょう。

NYダウ平均株価指数とは、通信社「ダウ・ジョーンズ社」がニューヨーク市場に上場されている株式銘柄のうち、アメリカ経済を代表するような銘柄を選んで、その株価を平均化したものです。どんな銘柄の株価が計算されているのかというと、ナイキ、ディズニー、アップル、マイクロソフト、マクドナルドなど、アメリカどころか世界中で知られているような大企業ばかりですね。さて、これらの株価が上がればNYダウ平均株価指数は上がりますし、多くの株価が下がってくると平均株価指数も下がります。このような性質を利用して、株価指数も投資の対象となっているのです。

アメリカ経済は現在絶好調です。ドル安が進んでいますので、アメリカの製造業を中心に製造・輸出が盛んなのです。そこでNYダウ平均株価指数も好調です。では、今は株価指数が高いから、NYダウ平均株価指数取引を始めるのには向いていないのでしょうか?いいえ、そうではありません。ダウ平均株価指数取引というのは差金決済方式を採っており、買うときに「株価指数」というモノを買うこともなければ商品代を支払うこともありません。「買うー売る」をワンセットとした取引で、差額のみお金を授受します。実際にモノを動かさないので「売るー買う」という取引も可能となり、株価指数が高いときに空売りしておいて、安くなってから買い戻すということも可能ですから、いつでも取引を始めることができますよ。

さて、NYダウ平均株価指数取引をしたいと思ったら、「くりっく株365」がおすすめです。くりっく株365とは、日本ではじめての公的な取引所による株価指数取引です。公的な取引所での取引ですから、担保である証拠金などは保証されていますし、取引時間もほぼ24時間と長くて便利です。また、アメリカの株価指数はドルでしか取引できないのかと思われがちですが、「くりっく株365」なら日本円換算で取引できますよ。

2016年 8月 31日 | Filed under ダウ平均株価
タグ:

安全な投資は分散投資

投資というのはチャンスとリスクが背中を合わせているようなものですね。利益が出ることもあれば、損失が出ることもある。銀行の預金のように元本が保証されませんから不安かもしれませんが、銀行の利息よりもしっかりお金を殖やすことができる可能性があるのも、投資です。では、できるだけ安全に投資をするにはどうしたら良いのでしょうか。

安全な投資は、分散投資です。投資先をひとつだけにしておくと、その投資に失敗したら後がありませんからね。たとえば株式投資を例に挙げてみると、投資に回せる全財産をつぎ込んでA社の株券を買っていたのに、そのA社が倒産してしまったら、株券はただの紙切れになりますから、大切な資産が水の泡になってしまいます。そうなるのが怖いために、株式売買で利益を得ようと思う投資家の方は一般的に、複数の銘柄を買います。でも、複数の銘柄を一定数ずつ買うとすると、かなりのお金がかかりますね。ですから、最初から分散投資できるような投資先があったらうれしいですよね。実は、あるんです。

分散投資できる投資先としては、投資信託か株価指数取引です。投資信託は、信託会社に資産を預けて、信託会社の投資家に運用してもらいます。つまり、どの株にどれくらいの割合で投資するのかという戦略は、全部プロの投資家が考えてくれるわけですから楽ちんですね。

それでは物足りない、自分でいろいろ考えて投資はしたいけれど、リスクは分散させておきたいというなら、株価指数取引がおすすめです。株価指数取引とは、ある市場における一定数の株の価格を平均やその他の計算式にあてはめて指数化したものを、価格と同じように取り扱います。これがなぜ分散投資になるのかというと、株価指数そのものが複数の株からなるものだからです。株価指数を算出する母体となる銘柄全部が一度に倒産するということはまずありえませんから、株価指数の価値がゼロになることはおそらくありません。ぜひ検討してください。

2016年 8月 27日 | Filed under ダウ平均株価
タグ:

投資初心者がダウ平均を売買する方法

投資に興味はあるけれど、右も左もわからない初心者だという方。そんな方こそ、ダウ平均株価指数はいかがでしょうか。投資初心者の方の中には、「とりあえず株かな」と株式売買に挑戦しようとして銘柄選びで挫折したり、適当な銘柄を買ってしまって利潤を生みだすことができなかったりしがちです。と言いますのも、株の銘柄というのは非常に多く、また、買ったら買ったでしっかりその銘柄の会社の経営状況や業績、その他の情報にアンテナを張り、さらに値動きを予測して売買の注文をかけないといけないのですから、かなり難易度が高いのです。

その点、ダウ平均株価指数取引は良いですよ。「ダウってアメリカじゃない?英語で取引とか無理無理無理!」とおっしゃるかもしれませんが、やり方を選べば難しいことは全然ありません。ダウ平均株価指数は、アメリカの株価指数です。アメリカの株のうち特に優良な株式銘柄を、通信社であるダウ・ジョーンズ社が30社選んで、平均値を算出したものです。平均値が上がるか下がるかを予測して、安いときに買っておいて高くなったら売る、あるいは高いときに空売りしておいて安くなったら買い戻すというとう取引をします。

実際に「ダウ平均株価指数」という物理的なモノがあるわけではないバーチャルな取引なので、空売りということも可能ですし、買うときもお金を払う必要がなく、「買って売る」または「売って買う」のワンセットが終わったときに確定する差額だけ授受することになります。しかも、平均株価なので、市場全体の景気がほぼそのまま反映されることとなり、個別銘柄について学ぶよりも少ない情報量で取引することも可能です。日本にも「日経平均株価(日経225)」や「TOPIX」といった株価指数はありますから、それらでも良いのですが、ダウ平均株価指数はやはり世界経済の中心となる指標であり、日経225やTOPIXもダウの影響を受けますから、大もとであるダウ平均株価指数を取引するのがわかりやすいのではないかなと思います。

「くりっく株365」を使えば、日本語で、日本円換算でダウ平均株価指数の取引ができますから、ぜひ挑戦してみてください。詳しくはダウ平均株価に関する情報サイトをご参照くださいね。

2016年 8月 19日 | Filed under ダウ平均株価
タグ:

海外の株価指数を取引してみませんか

株価指数取引をご存知ですか?日経平均株価やTOPIXなどといった株価指数自体を取引対象とし、下がったときに買い、上がったときに売ることで利益を得る取引です。FXなどと同様に差金決済契約という方法での取引ですから、空売りからスタートすることも可能で、つまり、いつでも取引を始められるというメリットがあります。また、株価指数取引は株式売買と比べると倒産リスクもほとんどなく、比較的安心して取引できます。

さて、日本の株価指数といえば先ほど述べた日経平均株価(日経225)やTOPIXですが、海外にも株価指数はあります。アメリカのNYダウ平均株価指数やドイツのDAX指数、イギリスのFTSE100などが有名です。海外株価指数も取引してみませんか?

海外のCFD業者を利用するとなると、心配ごともありますね。もし万が一トラブルが発生したときに対処できるだろうか(困っている内容を海外業者にちゃんと伝えたり、業者からのサポートを理解したりできるだろうか)、株価指数の値動きだけでなく為替差損なども気にしないといけないのは難しいのではないか、海外はクリスマス休暇などが長いのでそれに準じて取引できない期間が長いのではないだろうか、などがよくある不安点だと思います。これらの不安は、海外のCFD業者を利用しないことで簡単に解決できます。

おすすめは、日本ではじめての公的な取引所での株価指数取引である「くりっく株365」です。くりっく株365なら、日本のシステムですから基本的に日本のカレンダーに沿って取引できる上に、ほぼ24時間取引可能です。さらに、外国の株価指数でも日本円換算で取引できるので、為替差損などを心配することがなく、わかりやすいです。差し入れる証拠金も保証されていますので、CFD業者が倒産して証拠金も水の泡、なんて心配がいりません。また、決済期限もない上に、配当金相当額をもらえますので、のんびり長期保有しながら利益を狙う方にもおすすめですよ。

2016年 8月 16日 | Filed under ダウ平均株価
タグ:

投資をするならアメリカ経済と金融政策を知ろう

投資をするなら、アメリカの会社の株やアメリカドルに投資するときだけでなく、日本の金融商品に投資するにしても、アメリカの経済や金融政策を知っておく必要があります。よく言われるところでは「アメリカがくしゃみをすると日本が風邪をひく」ほど、日本はアメリカの影響をダイレクトに受けますからね。

さて、2016年現在のアメリカ経済は絶好調です。1ドル=120円超の円安/ドル高だったのが、1ドル=105円を切るような円高/ドル安に転じたため、アメリカは輸出が好調となりました。アメリカ企業というのは当然なことながらグローバル展開しているところが多く、輸出が好調なために製造業中心に企業の業績が良くなりました。2016年6月のアメリカ雇用統計も予想を上回る良さで、失業率も低下しています。

このようにアメリカ経済が良くなると、海外から見たアメリカの株価というのは外国通貨をベースとするとドル安のため安く感じられるため、アメリカの株を買おうとする外国の投資家も増えます。アメリカ株の人気が高まるということはNYダウ平均株価指数も上がりますので、指数取引をしている人はこの点に注目しておきましょう。ドル安のもとでアメリカ株の人気が高まるということは外貨がアメリカ国内に流れこむので、ますますアメリカの景気が良くなります。

ですが、ずっと右肩上がりの経済・景気というのはあり得ません。景気が良い時期が続くと、バブルを避けるためにアメリカは金利を上げる必要が出てきます。金利が上がればFXで米ドル/円の取引に有利になります。では、金利が上がるタイミングというのはどのように予測すれば良いでしょうか。金利を上げるかどうかは米連邦準備理事会(FRB)で決まりますから、その会議のタイミングは特に注意が必要です。また、FRBに先立って雇用統計などが発表されると金利についての予測が立ちますから、様々な経済指標にも注目しながら、アメリカ経済の行く先を予測してください。

2016年 8月 10日 | Filed under ダウ平均株価
タグ: